Top > 開発者資料

開発者資料

目次

はじめに

TeraCLOUDは、オープンなプロトコル「WebDAV」を用いたクラウドストレージである。ユーザ毎のデータ領域をもち、送受信にHTTPSを採用している。

WebDAVをサポートしたアプリケーションであれば、基本的にはTeraCLOUDとの互換性を容易に得ることができるので、それを持ってTeraCLOUD対応アプリと言うことは可能である。

TeraCLOUDのアイコンはダウンロードページから自由に取得することができるので、アプリケーションデベロッパーは、各社、各自の判断でTeraCLOUDでの動作試験を行った上で、アイコンや名称を使い、対応を宣言できる。

しかし、TeraCLOUDは、ユーザ毎に異なるWebDAV接続先URL(実際には収容サーバごと)を持つため、あなたのアプリケーションからTeraCLOUDに接続するには、ユーザーは自分自身の接続先URLを「マイページ」から取得し、IDとパスワードを添えて接続先をセットアップする必要がある。

デベロッパーであるあなたが、これだとユーザに不便なのでアプリケーションの利用が促進されないだろうと考えるならば、user REST-APIを一回コールするだけで、jsonでユーザの接続先URLを取得できるので、ユーザはIDとパスワードだけを入力するだけでセットアップが完了となる。(なおこの時、アプリの利用ユーザに対して、アプリ名のTeraCLOUDボーナス容量を与え、さらに利用を促進させることも技術的には可能である。ただ、これはビジネスデベロップメントチームとの話しになるため、本ドキュメントでは割愛する。が、開発チームは、アプリケーション利用者に無償100Gバイトを配った実績があることを知っているので、APIキー取得申請時にそれとなく伝えておくと良いと思う。)

このように、TeraCLOUDにはWebDAVプロトコルでは網羅しきれないリソースもあり、アクセスするためにはTeraCLOUDの専用REST APIを利用する必要がある。

このリソースとは下記の通りである。

これらのAPIを利用することで、アプリケーションは単なるファイル転送に加え、スナップショットを取得したり、領域の分割をしたり、ユーザに普通の方法では見えない領域を作ったり、様々な応用を行うことができる。

このドキュメントでは、これらの解説を行う。

 
アカウント作成(無料 10GB)

1分で簡単登録!今すぐスタート!
Works online, Windows, Mac, iOS and Android