Top > サポート > ご利用について > TeraCLOUDクライアントについて > TeraCLOUDクライアントを使用してバックアップしたデータはどこにありますか。

TeraCLOUDクライアントを使用してバックアップしたデータはどこにありますか

TeraCLOUDクライアント(提供終了)を使用してバックアップしたデータは、WebDAV対応アプリを使用したときだけアクセス可能なバックアップ領域に保存されています。(ファイルブラウザーから直接アクセスすることはできません)
WebDAV対応アプリからアクセスするための「WebDAV接続URL」は、データセットエディタ―から確認することができます。

login.jpg

1.
ファイルブラウザーにログインして「データセットエディタ―」をクリックし、データセットエディターを開きます。
 

selectdataset.jpg

2.
TeraCLOUDクライアントからバックアップしたデータは「/backup/<バックアップごと異なる文字列>」というデータセットに保存されています。
アクセスしたいデータセット名のセルをクリックして、詳細情報を開きます。
 

accessurl.jpg

3.
WebDAV対応アプリの接続先に指定するURLを、「WebDAV接続URL」から確認します。
URLの後ろにある、[copy] からクリップボードに保存できます。

 

4.
WebDAV対応アプリに、WebDAV接続URLを設定してアクセスします。
WebDAV対応アプリから、TeraCLOUDクライアントで保存したバックアップデータの、ダウンロードや削除などの操作をすることができます。


» 一部のWebDAV対応アプリの接続方法は こちら

 
アカウント作成(無料 10GB)

1分で簡単登録!今すぐスタート!
Works online, Windows, Mac, iOS and Android